不動産売却時にかかる費用について

大阪の不動産を売却する際にかかる費用について事前に理解を深めておきましょう。事前に知っておくことで売却後に手元に残るお金の計算がし易くなります。

当サイトで紹介している査定サイトの不動産会社では絶対に有り得ませんが、大阪府内の不動産会社の中には、様々な名目でお客様から手数料を多めに徴収する悪徳業者もいると聞きます。正しい情報と知識を知っておけば、無駄な費用は1円も支払わなくて済みますので、よく理解を深めておいてください。

その① 仲介手数料

仲介手数料の算定方法は宅建業法で決められており、規定を超えた手数料を頂くことはできません。

物件価格200万円以下

5%+消費税

不動産価格200万円超〜400万円以下

(4%+2万円)+消費税

不動産価格400万円超〜

(3%+6万円)+消費税

仲介手数料は値引きできるの?など詳しい説明はこちら

その② 司法書士費用

登記に関する手続きは司法書士に一任するのが一般的です。不動産会社を通して取引を進める場合は必ず司法書士が登記手続きをすることになります。

売渡証書作成費用

関西特有の慣例で、大阪を含む関西の不動産取引をする際に司法書士が請求する費用です。関東の物件や司法書士からは基本的に徴収されません。関西(大阪)の司法書士でもこれを徴収しない先生もいますので交渉次第といったところでしょうか。税金ではなく司法書士への報酬と捉えてください。一般的に15,000円〜25,000円が相場です。

抵当権抹消費用

銀行からの借入れが残っていて、不動産売却代金から返済する場合にかかる費用です。登録免許税+司法書士への報酬が必要です。

司法書士の違いで報酬は違うの?など詳しい説明はこちら

その③ 契約印紙代

不動産売買契約書には売買代金に応じて定められた印紙を貼り付けしなくてはなりません。これも法律で貼り付けが義務付けられております。

不動産売買契約書の印紙税については以下の一覧表をご確認ください。


*国税庁ホームページより抜粋

平成30年3月31日までに作成された売買契約書については軽減税率が適用されますので、右側の金額が印紙税となります。

売主が印紙代を払わずに済む方法がある?など詳しい説明はこちら

その④ 一括返済手数料(ローン残債がある場合のみ)

不動産を売却する際に、銀行から借りたローンの残債がまだ残っている場合は、売却した代金からローン残高を一括で返済することになります。

銀行に対して支払う手数料ですので「値引き交渉」も「払わずにすむ方法」もありません。金融機関によって金額は変わりますが、それほど高くもないので心配する必要はありません。

その他 測量費用・解体費用・引越し費用など

ケースバイケースで上記費用が発生する場合があります。詳しくは不動産会社に相談しましょう。