売主が売買契約書の印紙税を負担せずに済む方法

不動産売買契約書には売買価格に応じて決められた印紙を貼る必要があります。ですがきちんとした手順を踏んで売買契約書に文言を記すことで、売主は印紙税を支払わずに済む方法があるというのはご存知でしょうか。

これを知っているか知らないかで、不動産売却にかかる経費を数万円抑えることができます。売主の方から言わなければ、取引を進める不動産会社が当たり前のように売買契約書2通に印紙を貼って1通分の印紙税を売主に請求しますので、売買契約書を作成する前に不動産会社に対して説明をしておきましょう。

売主が印紙税を払わなくて済む方法

不動産売買価格に応じて契約書に貼る印紙税は変わります。


*国税庁ホームページより抜粋

取引を担当する不動産会社の担当者は売主に対して、あたかも当然のように印紙税を請求するかもしれません。もしくは売買契約前に「収入印紙を郵便局で買って持ってきてくださいね」と言ってくるかもしれません。

もし印紙税を払いたくない場合は、

私の契約書はコピーで十分です

と担当者に伝えましょう。

不動産売買契約書の原本は課税文書に該当するので印紙貼付が必須ですが、コピーは課税文書に該当せず印紙を貼る必要がありません

その際には売買契約書に「この契約を証するため、契約書正本を1通作成して原本を買主が保管し、その写しを売主が保管する」と必ず明記しましょう。こうする事で売主は印紙税を払わなくて済みます。これは何ら違法な事ではなく真っ白な合法手段です。売主は不動産を売却する立場なので、売買契約書は原本でも写しでもどちらでも構いません。


コピー契約書だと後で万が一何かあった際に効力があるか不安だわ

コピー契約書でも原本と同じ効力があります。ご安心ください

それなら安心ね。効力が同じならコピーで十分だわ

注意事項!

売買契約書のコピーは、当事者全員(売主・買主・不動産会社)の署名捺印が終わったものを取るようにしましょう。署名捺印をする前にコピーを取り、その上から当事者が署名捺印をした書面は課税文書に該当するため印紙貼り付けが必要です。