媒介契約について

販売活動に入る前には不動産会社とお客様の間で媒介契約を締結します。媒介契約は売買契約とは違い、売主が不動産会社に依頼する業務やサービス内容・仲介手数料の取り決めなどを明確にしておくことで、後のトラブルを防ぐための大事な契約です。

宅建業法でも定められているものですので、内容を十分に理解した上で署名捺印をしましょう。

媒介契約は全部で三種類

媒介契約のタイプは、「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」という3つのタイプがあり、それぞれに異なった性質・特徴を持っています。

専属専任媒介契約

文字通り不動産会社1社のみが専属専任となり販売活動を開始するという契約です。売主は自分で買主を探すこともできますが、売買契約手続きは専属専任契約を結んだ不動産会社を通すことが法律で義務付けられています。

売主にとっても法的拘束力が強い要素がありますが、信頼できる1社であれば専属専任契約で任せても構いません。任された不動産会社としても「一般的な契約期限内(3ヶ月以内)に絶対決めてやる」と強い意気込みを持って頑張ってくれるでしょう。

専任媒介契約

専属専任媒介契約から「専属」の文字が取れていますが、内容はほぼ同じで契約を結んだ不動産会社以外に依頼することはできません。ただし自分で買主を見つけた場合は不動産会社を通さずに契約することができます。

一般媒介契約

複数の不動産会社と同時に契約を結ぶことができます。法的拘束力はなく、自分で買主を見つけた場合も不動産会社を通す必要がありません。

複数に同時依頼できるというメリットがあるように思われますが、各不動産会社は「自分のところ以外にも任せている不動産会社がある」という事で販売活動のモチベーションが下がり、真剣に取り組んでくれない可能性があります。

 


結局のところ媒介契約ってどのタイプを選べばいいの?

より高値で不動産を売却したいのであれば専任媒介契約がいいよ

どうして?専任媒介だと1社にしか頼めないけれど、一般媒介は複数の不動産会社に同時依頼できるよ

一般媒介は不動産会社同士の競争力が高まる反面で各社の取り組みは希薄になってしまうんだよ。モチベーションも上がらないしね

専任媒介だと任された不動産会社は真剣に取り組んでくれるってこと?

そうだね。自分の会社だけに任せてくれたのだから絶対に結果を出さないとという気持ちになるよね。媒介契約期間は3ヶ月だけどその間に絶対決めてやると担当者は意気込んでくれるよ

 

【まとめ】 専任媒介契約を締結しましょう

最高値を提示してくれた業者に販売活動を任せるのであれば、その不動産会社と専任媒介契約を結びましょう。

専任媒介契約を締結すると、期間内(基本3ヶ月)は別の不動産会社に販売活動の依頼をする事ができませんが、専任媒介契約を締結した不動産会社を通じて、あなたが依頼した販売物件情報が他の不動産会社にも拡散されます。指定流通機構への情報登録も義務付けられていますので、登録後は全国の不動産会社が情報を閲覧して勝手に販売活動を開始してくれます。

一般媒介契約を複数社と結ぶと自分が窓口になって、逐一業者からの問い合わせを受けなくてはなりませんが、信頼できる1社と専任媒介契約を結べば、その業者が総窓口となって全国からの問い合わせ対応を処理してくれます。私の経験上、媒介契約は信頼できる不動産会社との専任媒介がベストです。