司法書士に払う費用は安く抑えることができます

不動産売却時に登記をするのが司法書士の仕事です。

司法書士は基本不動産会社が選んだ先生に任せるのが一般的ですが、この場合登記費用が高くつく場合があります。大きな声では言えませんが、大阪の司法書士によっては不動産会社の担当者と提携していて、お客様を紹介してもらう代わりに担当者にバックマージンを支払っていることが多々あります。バックマージンの分は売主に請求する費用に乗せているので、結果担当者へのバックマージンを売主が支払っているということになっています。

これは非常に腹立たしいのですが、大阪では意外とよくあるケースです。

①抵当権抹消登記費用の相場は?

抵当権抹消費用は以下の項目の合計額になります。

  • 登録免許税
  • 司法書士報酬
  • 事後謄本取得費用(任意)
  • 交通費、雑費

登録免許税

不動産の数×1,000円が登録免許税です。一戸建ての場合は土地と建物で2,000円、マンションの場合は複数の土地にまたがっていればその分必要です。

登録免許税は国に納める税金ですのでどの司法書士に頼んでも一律となります。

司法書士報酬

司法書士によって違いますが概ね5,000円〜10,000円(税別)です。司法書士報酬額には特に決まりが無いので、抵当権抹消費用の報酬で15,000円以上を請求する司法書士は避けた方が賢明です。

事後謄本取得費用(任意)

抵当権抹消登記後に確認謄本を取る費用です。事後謄本が不要な場合は見積書から外してもらってください。入れた場合でも500円程度です。

交通費・雑費

明確な規定はありませんが、司法書士によっては交通費・雑費として1,000円〜10,000円を請求する先生もいます。1,000円、2,000円なら許容範囲ですが5,000円以上請求してくるのは割高ですのでお気を付けください。

②売渡証書作成費用の相場は?

大阪や京都など関西圏の不動産売却時にのみ請求される売渡証書作成費用。この費用は全額が司法書士の報酬で登録免許税はかかりません。

この費用の相場は5,000円から15,000円です。売主買主が同じ司法書士であれば売渡証書作成費用はサービスしてくれるケースもあります。該当する場合は一度司法書士に相談してみてください。

司法書士は自分で探して選任するのがおすすめ

大阪の不動産を売却する際は司法書士は自分で探して選任しましょう。知り合いに司法書士がいる場合はその先生を選ぶべきですし、いなければネット検索で探してみましょう。

探し方は「○○(物件住所) 司法書士」と検索すればたくさんヒットしますので、ホームページを見て印象が良さそうな司法書士事務所に電話して費用について聞いてみてください。いくつか電話して最も費用が安い先生に任せるというのがいいですね。

注意!登記を自分でやるのはおすすめしません

自分でも登記手続きできます!という方が稀にいらっしゃいますが、司法書士の資格をもっていないのであれば、登記は司法書士に任せましょう。

自分で書類を作って、万が一漏れがあるような事があれば買主や不動産会社に迷惑をかけることになります。取り返しのつかないミスが発生した場合は、買主から損害賠償請求をされる事にもなりかねませんのでやめておきましょう。